「まれ」のロケ地巡り〜白米千枚田、輪島の朝市など

能登で「まれ」のロケ地巡り 白米千枚田、輪島の朝市、いろは橋など

能登は、平成27年度前期に放送されたNHK連続テレビ小説「まれ」の舞台となった地です。

 

ドラマの多くのシーンが、能登で撮影されました。

 

ドラマは終了しましたが、未だにロケ地を訪れるファンが後を絶ちません。

 

能登に行くのであれば、「まれ」のロケ地を巡ってみるのもよいでしょう。

 

たくさんの人気観光スポットも含まれています。

 

 

ここでは、「まれ」のロケ地となった主な場所をご紹介しています。

 

 

 

琴が浜

 

琴が浜
c石川県観光連盟

 

琴が浜は、オープニングで土屋太鳳演じる津村希(つむらまれ)が踊っている海岸です。

 

「キュッキュッ」と音がする泣き砂の浜として有名です。

 

全国にわずか30ほどしかないといいます。

 

奥能登の夏を堪能できる、海水浴場として人気があります。

 

所    在

石川県輪島市門前町剱地

 

 

大沢集落

 

大沢集落

 

大沢集落は、まれ一家が移り住んだ集落です。

 

集落は、山と海に囲まれており、小さな漁港がります。

 

「間垣の里」として有名です。

 

間垣の里

 

 

ドラマに登場する「外浦村役場」は、元商店の外壁に発泡スチロールなどで改造して作られました。

 

架空のものです。

 

ドラマ終了後は、観光スポットして残されるようです。

 

外浦村役場

 

所    在

石川県輪島市大沢町

 

 

白米千枚田

 

白米千枚田
c石川県観光連盟

 

「白米千枚田」は、ドラマのロングバージョンのオープニングのみに登場します。

 

世界農業遺産「能登の里山里海」の象徴的な存在です。

 

夜はライトアップされ、非常にきれいです。

 

「白米千枚田」についての詳細はこちら!

 

 

揚げ浜塩田 角花家

 

「揚げ浜式塩田 角花家」は、2008年に国の重要無形民俗文化財に指定された日本最古の塩田法「能登の揚げ浜式製塩の技術」を後世に引き継いでいます。

 

何度もドラマで登場する塩田のロケ地は、「角花家」です。

 

ドラマでは、桶作さんの塩田として出てきました。

 

塩を作るシーンもありました。

 

揚げ浜塩田 角花家

 

所    在

石川県珠洲市清水町 揚げ浜塩田

電話番号

0768-87-2857

駐 車 場

なし(隣の道の駅に駐車可)

 

塩作りが体験できるところもあります。

 

→「「道の駅 すず塩田村」についての詳細はこちら!

 

 

輪島の朝市

 

輪島の朝市
c石川県観光連盟

 

「輪島の朝市」は、日本三大朝市の1つで、店のおばあちゃんとお話しながら楽しく買い物ができます。

 

ドラマでは、希が学校へ行く前にこの朝市で売り子として働いていました。

 

人気の観光スポットの1つです。

 

「輪島の朝市」についての詳細はこちら!

 

 

禄剛埼灯台

 

「禄剛埼灯台(ろっこうざきとうだい)」は、日本の灯台50選に選ばれ、歴史的・文化的に非常に高い価値があります。

 

ドラマでは、オープニングに空から見た様子が映し出されていました。

 

白米千枚田
c石川県観光連盟

 

「禄剛埼灯台」についての詳細はこちら!

 

 

いろは橋

 

「いろは橋」は、希と幼馴染の圭太が一緒に渡っていた橋です。   

 

輪島の朝市通りの近くに架かっています。

 

いろは橋

 

所    在

石川県輪島市鳳至町下町81

 

 

他にも、たくさんのロケ地があります。

 

ここでご紹介したものは、その中でも特に有名なロケ地です。

 

最低限、これらのロケ地はおさえておきたいですね。

 

 

 

 

 

ホーム